=== セミナー 2015年度 === 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2006年度 2005年度 2004年度 2003年度 2002年度 2001年度 2000年度 1999年度

場所:素粒子論研究室コロキウム室、四高記念館、広坂庁舎 etc
学生来聴歓迎! お気軽に御参加ください。
予定は変更されることがあります。

2015年度 予定

セミナー

日時 講演者 タイトル
1月22日 (金)
16:30-
@コロキウム室
濱田 雄太 氏
(京都大学)
Reheating-era leptogenesis
1月8日 (金)
17:30-
@コロキウム室
菊地 真吏子 氏
(富山大学)
ヒッグス結合定数の輻射補正の研究と将来実験の精密測定を用いたヒッグスセクターの決定
12月15日 (火)
16:30-
@コロキウム室
山村 亮 氏
(大阪大学)
Yang-Mills gradient flow と格子有効作用
12月11日 (金)
16:30-
@コロキウム室
折笠 雄太 氏
(KIAS)
古典的共形不変なヒッグス・トリプレット模型
12月7日 (月)
17:30-
@四高記念館
Tim Morris 氏
(サザンプトン大学)
The Exact Renormalization Group approach to Asymptotically Safe Quantum Gravity
11月6日 (金)
17:30-
@四高記念館
松井 俊憲 氏
(富山大学)
Gravitational waves as a probe of extended scalar sectors with the first order electroweak phase transition
10月15日 (木)
17:00-
@コロキウム室
山崎 了 氏
(青山学院大学)
On cosmic-ray production efficiency at supernova remnant shocks propagating into realistic diffuse interstellar medium (非一様媒質中を伝播する衝撃波での宇宙線加速の効率について)
10月9日 (金)
16:30-
@コロキウム室
榎本 成志 氏
(ワルシャワ大学)
時間変動する背景場が引き起こす非摂動的粒子生成に対する相互作用項の影響
10月5日 (月)
16:30-
@コロキウム室
Guido Cossu 氏
(KEK)
The U(1)_A symmetry at finite temperature and Dirac operator eigenmodes
10月2日 (金)
17:00-
@四高記念館
安藤 真一郎 氏
(アムステルダム大学)
非等方ガンマ線宇宙における暗黒物質探査
7月10日 (金)
17:00-
@四高記念館
富谷 昭夫 氏
(大阪大学)
Study of U(1) axial symmetry restoration above the QCD critical temperature with chital fermion
7月2日 (木)
17:00-
@コロキウム室
齊藤 直人 氏
(J-PARC/KEK)
素粒子ミューオンの精密測定による新物理法則の探索
6月19日 (金)
17:30-
@四高記念館
諸井 健夫 氏
(東京大学)
Footprints of Supersymmetry on Higgs Properties
6月5日 (金)
17:30-
@四高記念館
遠藤 和寛 氏
(東北大学)
輻射補正による電弱対称性の破れの解析と検証可能性
5月22日 (金)
15:00-16:00 16:30-17:30
@コロキウム室
大槻 知貴 氏
(IPMU)
共形ブートストラップにおける最近の進展ついて
5月11日 (月)
17:00-
@コロキウム室
Junping TAIN 氏
(KEK)
Physics at ILC
5月8日 (金)
17:00-17:30
@コロキウム室
山田 雅俊 氏
(金沢大学)
非摂動くりこみ群による極限環境での量子色力学の相構造の解明
5月8日 (金)
16:30-17:00
@コロキウム室
柏瀬 翔一 氏
(金沢大学)
輻射ニュートリノ質量生成模型における宇宙のバリオン数生成とインフレーション
4月24日 (金)
17:30-
@四高記念館
石渡 弘治 氏
(金沢大学)
Grand Unification and Subcritical Hybrid Inflation

2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2006年度 2005年度 2004年度 2003年度 2002年度 2001年度 2000年度 1999年度
page担当者:後藤